コミュニティ・スクールを始める前に知っておく基礎知識

コミュニティ・スクールをいきなり始めたい!と思う人はいません。実際は「地域と学校で連携したい!」ということで、コミュニティ・スクールを知るキッカケになるケースがほとんどです。

まずはコミュニティ・スクールとは何なのかについて知っていきましょう。

地域からコミュニティ・スクールを立ち上げる方法

コミュニティ・スクールを実際に設置したい!でも、願っているだけでは想いは叶いません。では、どうやってコミュニティ・スクールを作れば良いのか?

これは地域と学校でアプローチの仕方が変わってきます。自分の立場から最適なアプローチをかけて実現に向かっていきましょう。

  1. 先生と信頼関係を作る

  2. 地域や学校の課題点を見つける
  3. みんなでコミュニティ・スクールの構想を練る
  4. 自分のポジションを考え、動き方と役割を考える
  5. コミュニティ・スクールを導入する

コミュニティ・スクールを立ち上げたらまず行うこと

コミュニティ・スクールを設置したら終わり!地域と学校が幸せになりました!ってことはあり得ません。

ここではコミュニティ・スクールを立ち上げたらまず行っておかなければならないことをお伝えします。

  1. コミュニティ・スクールとして気軽に連絡し合える手段を考える(LINE、マチマチ、Band、サークルスクエア、Slack)

  2. 地域と学校でのビジョンを再度練り直し、メンバーに伝える(グランドデザインの再考)
  3. 協議会メンバー以外の共感者を増やす(先生、保護者、地域の人)(ペアレント教育含む)

コミュニティ・スクールをさらに円滑に進めるために

コミュニティ・スクールはどんどん活性化させていかないと話し合いだけが進み、クレームのようになって学校の先生を疲弊させてしまう制度になってしまいます。

そうならないためには学校運営協議会委員以外にも協力者が必要になります。ここではどうやって地域の方々に学校運営に参画してもらうか?をお伝えします。

  1. 地域と学校の間を持つ地域からのコーディネーターを置く
  2. 地域学校協働本部を結成する
  3. 学校の行事に地域学校協働本部のメンバーをボランティアとして参画させる
  4. 3役会議(校長、学校運営協議会、教育委員会)Plus1(コーディネーター)を定期的に開催する
  5. 地域学校協働本部を安心・安全なコミュニティにするためのコミュニティ運営術

    アイスブレイクや、ファシリテーションも必須

  6. 小さなプロジェクトを繰り返し、成功体験を積み、絆を深める

コミュニティ・スクールからこれからの教育体系を創る

コミュニティ・スクールが正常に回りだすと学校の働き方改革が進み、先生たちに余裕が出て、働きやすい職場になっていくでしょう。

その先にあるのが、子ども自身が自分の道を創り出すお手伝いをすること。これがコミュニティ・スクールの最終目的です!

そのためには地域の大人たちが教育に関わっていき、子どもたちが多様な価値観や、生き様に触れることが大切です。

ここでは、どのようにしたら地域が学校の教育に関わっていけるようになるか?をお伝えしています。

  1. 学校、保護者・地域、子どもの夢を発表する会を定期的に実施する
  2. 夢から派生したマイクロコミュニティを支える
  3. 学校に地域の専門家を派遣し、授業を実施する
  4. 学校に地域の人が気軽に立ち寄れるオープンスペースを創る
  5. 地域に住んでいる人のリアルな経験・体験を授業として活かせるようにする

コミュニティ・スクールのその他の情報

課題・問題

  • コミュニティ スクールの現状と課題

参考情報

  • コミュニティ・スクールの法律について
  • コミュニティ・スクールの事例
  • コミュニティ・スクールの成果
  • コミュニティ・スクールの取り組み
  • コミュニティ・スクールの設置状況(2021年)
  • コミュニティ・スクールの設置方法の事例
  • コミュニティ・スクールに使える補助金・助成金一覧
  • コミュニティ・スクールの論文
  • コミュニティ・スクールの本
  • コミュニティ・スクールの研修

コミュニティ・スクールに関する皆さんの質問に答えてみました

学校側の疑問

地域側の疑問