生徒を変化させたQuizletLive

Quizletを学校で扱うようになって半年が経過しました。

最初は新しいコンテンツの導入で若干の戸惑いを持ちつつも始まった授業でした。

しかし今では子どもたちも、空白の時間を見つけては「Quizletやりたい!」と熱中しています。

この記事では実際に生徒に見られた変化を、いくつか紹介していきます。

白熱のLiveプレー!

ガッツポーズをする女子生徒

Liveプレーには個人戦とチーム戦があります。

個人戦はそれぞれの端末に合計12問の選択問題が順番に表示され、それをいかに早く解き終わるかを競います。

間違えると1問目からスタートするので、スピードと正確性が問われます。

参加者全体の進捗は親機で確認できるため、プロジェクターなどに接続して行うと大盛り上がりです。

チーム戦は、これを数名のチームで競います。

出題形式は同じですが、チームに出される共通の1つの問題に対しての答えを持っているのは1人のみです。

チーム内での意思疎通も、早く解くカギになります。

Liveプレーは教員がタブレットのアプリからだと実施することができないので、ブラウザ上でQuizletを開く必要があります。

学習セットからLiveプレーを行うまでの流れを、解説しましょう。

QuizletLive画面その1
QuizletLive画面その2
チーム戦か個人戦か選択します。
QuizletLive画面その3
用語か定義かどちらを答えさせる問いにするか選択します。
QuizletLive画面その4
生徒はQRコードをカメラで読み取るか、6桁の数字コードを入力すれば、ゲームに参加できます。

あとは参加者が適宜表示されるので、全員参加できた時点でスタートボタンを押せば開始します。

チーム戦の場合は、ここでチームランダムに作成するのか、手動で作成するのかを選択します。

ガイド動画もありますので、流れを確認しておくと安心して授業でも扱えます。

マッチプレーで時間外も競争

マッチプレーランキング

紹介したマッチは、教員も参加できるうえにタイムがずっと残ります。

自習時間以外の学校外でもお互いに競い合う姿勢が見られるようになりました。

多くの生徒が試験前にならないと、なかなか勉強に向かう姿勢が見られなかったのですが、日常からQuizletを使うことで、自然と学習に向かっていきました。

学習セットの作成で学びの共有

Quizletを授業で利用し始めて2週間おもしろいことが起きました。

ある生徒が、モールス信号についての学習セットを作成してクラスにシェアしたのです。

それを皮切りに、様々な教科、学問のものをお互いにシェアし合いだしました。

教室外で自ら学習に向かう姿勢を見て、感銘を受けました。

今では、理科のクラスと別に「みんなの学習部屋」を作成して、そちらでまとめてもらっています。

成績向上

Quizletを導入してから最初の試験、正直楽しく学習をしてくれればそれだけで御の字でしたので、成績向上は期待していませんでした。

結果的に、これまでの試験と比較すると平均点が10点以上も向上したのです。

それも成績上位者に限らず、成績不振者にも顕著に点数増加があらわれました。

面談で話を聞くと、ほとんどの生徒が「Quizletのおかげで勉強が苦でなかった」と話していました。

自宅で一人でやるとはかどらない子もいる暗記ものも、授業の中で覚えられたことが大きかったようです。

気づいたら夢中に!だからQuizletはすごい!

タブレットに夢中な男の子

Quizletを含めQuiz系アプリは、ICT端末を導入して素早く簡単に無料で取り入れることができる強力な味方です。

豊富な学習モードや共同学習、自学習に効果的なツールです。

導入当初は学習時間に少しでも楽しくでいる空間ができればいいなと思う程度でしたが、気づくと子供たちが夢中になり、学習に積極的になりました。

「BYODと言われても、何からすればよいか分からない。」

「端末は生徒への課題を配信して回収しているだけ」

という先生方、ぜひ1度活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


まちあるきプログラミング指導案 無料配布中

私たちが研究したノウハウを全部つぎ込んだ、プログラミング教育 第一弾“まちあるきプログラミング”の指導案を無料で配布することにしました。

多数のワークシートが付き、学校の先生からの監修も受けています。

あなたの授業に役立てられるよう今のうちにゲットしてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事