組織概要

法人名NPO法人 教員支援ネットワーク T-KNIT(ティニット)
設立年2017年12月6日
所在地〒309-1701 茨城県笠間市小原102-2
連絡先代表理事 塩畑 貴志
TEL 090-4748-8643  FAX –
代表理事塩畑 貴志
代表理事(創業者理事)塩畑 貴志(Pasolack 代表)
理事菊地 章雄(NPO法人霞ヶ浦アカデミー 理事・事務局長)
理事武蔵 紘平(那珂市社会福祉協議会 社員)
理事小勝 さやか(中学校教師)
理事細田 侑(東京都市大学 コミュニティマネジメント研究室)
監事伊藤 康夫(一般社団法人 日本ハピラボ協会 代表理事) 
監事塩畑 翔(こころと土台の研究所 美龍堂 代表)
スペシャルサポーター
URLhttps://t-knit.or.jp

活動沿革

2011年4月代表の塩畑が笠間市教育委員会のICT支援員として従事。学校教員の実態と苦悩を知り、支援を行う。
2013年4月ICT支援員は予算終了。「学校は課題が山積みだ。まだまだ続けて欲しい」との相談を受け、校務支援ITサポートボランティアをスタート。
2015年11月茨城ドリームプラン・プレゼンテーションに参加し、『学校の負担を軽減し、子供と接する時間を増やす』というミッションを創り、大賞受賞。
2016年10月理事の菊地、小勝と2020年に備えて『いつでもどこでも誰でもできるプログラミング教育』をコンセプトに「まちあるきプログラミング」、「絵本プログラミング」を開発。指導案を無償配布。
2017年12月プログラミング教育など一過性の課題解決ではなく、地域住民のできること、得意なことを学校と共に行うことが根本的な課題解決になるとビジョンを定め直し、NPO法人 教員支援ネットワーク T-KNITを設立。
2018年4月「地域と協働できる仕組みを創りたい」との相談を受け、茨城県笠間市岩間第一小学校にコミュニティスクールを立ち上げのサポートを開始。
2018年7月取手こどもワークフェスタ、笠間市サタデーまなbeなど各種ワークショップを開始。プログラミング教育を通じて、地域との交流を図る。
2019年4月茨城県笠間市岩間地区にコミュニティスクール設立。岩間第一小学校の学校運営評議員に任命。大学生や、地域住民と校務サポートをしながら、地域住民が参画できる仕組み(EdCamp)を自ら行い、評議員の立場で学校支援を続ける。
2019年10月一般社団法人 茨城県教育会主催「チーム学校」をどのように進めるか?の座談会に出席。内容は茨城教育 第859号に掲載。
2020年1月第三者機関によるコミュニティスクールの運営を推奨するために地域に自立型人材を増やす講演活動を開始。エリアコーディネーターの養成を計画。