オンライン学習ツールQuizletとは?

ICTを導入してみたものの効果的な授業での使い方が見当たらず、教室での出番はゼロという学校も少なくないのではないでしょうか?

これまでの授業にQuizletを利用した時間を入れれば、それだけで子供たちの学びは活性化し、授業時間を超えて学習に向かう姿勢を見ることができます。

この記事を読めば

  • Quizletはどんなアプリなのか
  • 他のクイズアプリとの違い
  • Quizletアカウントの作成方法
  • 学内で導入に至るまでの手順

について理解できます。

Quizletとは?

さまざまな学習モードでアクティブに勉強できる、オンライン学習ツールです。

教員の作成した学習セットと呼ばれる単語カードを共有できるだけでなく、生徒が自ら作成することもできます。

暗記するためだけでなく、授業に取り入れることでゲーム感覚で学びへと向かう姿勢を育みます。

学習の進捗状況も確認できる上に、学習セットは作成したものが全ユーザーと共有されていますので、教材作成に時間がかかることもない教員の強い味方です。

無料で利用できるので、使わない手はありません!

他のクイズアプリとの違い

Quizlet以外で筆者の知る限り、クイズ系ツールは下記の3つがあります。

問題に時間制限がついているため、質問に対する知識や理解度を確認することができます。

問題が生徒端末に表示されない(選択肢のみ)のが玉に瑕ですが、パワーポイントファイルをクイズにインポートできるのは、ほかにはない強みです。

現在無料版の使用はありませんが、Pro仕様を30日間お試しで試せます。

他のQuiz系アプリとは違い、ゲーム上のお金を稼ぐことで他プレーヤー(チーム)と競争します。

正解すればお金が稼げて、間違えれば減額されます。

目標達成金額を定めて最速到達者を優勝とするモードや、時間で区切り最も多く稼いだものを優勝にするなど、競技性を変更できるのがだいご味です。

できることはQuizletに似ていますが、Quizletと異なり1つの問題セットの中に選択式と入力式のものを混在させることができます。

選択肢を5個まで作れることも魅力的です。

すべてクイズ機能としては同じようなものですが、多様な学習スタイルと教材の豊富さ、操が簡易的な点でQuizletを愛用しています。

必要なもの

  • インターネット接続できる端末(タブレット、PC)

→Liveプレーなどの同期型の学習の際にインターネット接続環境が必要です。自学習の際は特に接続はいりません。

  • Quizletアプリ(無料)

導入までの学内手順

現在、法人としての購入形態はないようですが、2〜49人のアカウント購入では20%オフ、50人以上のアカウント購入で25%で先生用のアカウントを利用することができます。

先生アカウントは年間¥4100なので、

2〜49アカウント20%オフ3280 円/人
50アカウント以上25%オフ3075 円/人
先生アカウント料金表

となります。

教科により使用率は異なるので、学校全体で導入するより、利用したい教員の分のみ購入するのが得策でしょう。

学校で導入をしたいと考えても、学習効果など目に見える成果が見えないと、学校として導入する前に壁に当たることになります。

まずは、業務負担や授業力工場のための自己投資だと思い、この記事を読まれている先生が個人で導入してみてはいかがでしょうか?

それだけでも十分に多くの恩恵を受けることができます。

実際に筆者がそうでした。

これ以降の記事でより詳細に記載していますので、ご一読ください。

アカウントの作成方法

QuizletのHPへ移動します。”新規登録”クリック。

アカウント登録はGoogleとFacebookと連動していますので、GoogleClassroomとの相性も良く一括で生徒を招待できます。

Quizletユーザー登録画面

連動した場合は、その後Quizlet上で扱うユーザー名の登録が必要です。

Quizletユーザー登録画面

ここまでは、生徒も先生も同じ操作になります。

この後に、先生か保護者の選択で先生を選択すると、クラス作成ができるようになります。

クラス作成画面

作成したクラスで、”メンバーを追加”を選択することでメールアドレスかユーザー名、GoogleClassroomから生徒を招待することができます。

クラス作成後のメンバー追加画面

あとは、作成した学習セットをクラスに追加すれば、生徒はいつでも次ページの7つの学習モードで学べます。

まずは無料アカウント登録から

アカウントの登録は無料かつ簡単です。

ICT苦手という方でも、このページ通りに進めば5分ほどでアカウント作成ができます。

どんなに優れたツールでも、まずはご自身で触れてみないことにはその利便性を体験できません。

まずはお近くの先生と一緒に、Quizletを楽しむことから始めてみてください。

Quizletで実際に何ができるのか、授業でどのように取り入れればいいのかについては、この後の記事で詳しく記載してありますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

CAPTCHA


まちあるきプログラミング指導案 無料配布中

私たちが研究したノウハウを全部つぎ込んだ、プログラミング教育 第一弾“まちあるきプログラミング”の指導案を無料で配布することにしました。

多数のワークシートが付き、学校の先生からの監修も受けています。

あなたの授業に役立てられるよう今のうちにゲットしてください。

この記事を読んだあなたにオススメの記事